Story Yakata

或る童話作家の夢

巣鳥館=一次創作サイト / 散文掲載 / ファンタジー / 机上の空論 

▼一次創作サイトに限りリンクフリー。貼るも剥がすもご自由にどうぞ。

▼トップページ以外は予告なくページ削除の可能性もあるので、リンクはトップページ推奨です。

▼バナー画像は各自保存の上でご利用ください。

▼作品の内容は全てフィクションです。実在する人物、団体、事件等とは一切関係御座いません。

▼創作中心雑多 Twitter @kitanyakata

▼外部小説投稿 カクヨム @storyyakata

▼外部粗筋紹介 キャラスジ @storyyakata

Since.2013/05/27 Moving. 2017/08/21


メモ: * は入力必須項目です

NEWS

作品再掲など諸々更新

■OTHERコンテンツに過去作品を二作追加

クロとフィンのヒーローバディものの『英雄双譚』と、バアドとセラフの悪魔と天使兄弟ものの『暗黒洋館』を再掲しました。全編ではなく、特別加筆修正しなくても見られるようなものを抜粋しています。

それに伴い、上記二作と執事道中にも出ているアデルとカガミの簡単なキャラ紹介ページを設けまして、MAINの『人物一覧』に纏めました。

今後は過去作品をサルベージしつつ…マヨアが出てくる飴色伝奇あたりも再掲できたらと目論んでおりますが、リサイクルしたい気持ちもありつつ、あんまり追加し過ぎてもごちゃごちゃしそうで…悩みどころです。

▼23:27 追記

上記でお話していた『飴色伝奇』も掲載予定分として纏めていたものを追加しました。光の速さで前言を翻す館長…(笑)人物一覧にも吸血鬼部隊の情報は反映済みです。宜しければこちらも併せて。

 

なにせ今まで、創作サイトにおいては「新しいものを主軸にして、古いものはさげる」というやり方だったので、新しい創作作品に似たようなキャラを作ってしまったというか…端的に申しますと「金髪碧眼、敬語、王子様キャラ」の氾濫です。既にキユウ、フィン、セラフと三人の似たような因子のキャラが…ひえ…。その中でも、キユウは断トツの腹黒・ダーティーキャラという点で区別ができそうですが…いっそ似た者同士ネタを作品にもぶちこんでしまおうか…。

クロとフィロ、ゆくゆくはバアドとセラフも執事道中に登場させてみたいなあという展望でおります。更新の際はまたご覧頂けると幸いです。

 

 

■LINK編集

サイト閉鎖の告知が出されている、倉庫化、別所への誘導などなど、今後更新されないだろうというサイトさんを所定の場所に移動致しました。それと、二年前から去年辺りまで移転諸々のご連絡でお返事が無く、またジャンルも変更されていたサイトさんもリンクを外させて頂きました。今までお世話になりました。

おかげさまで巣鳥館はこちらの一所に落ち着く事ができまして、最新の創作発表場所はTwitter、カクヨムになっておりますが、こちらは帰る場所、我が家にして、散らかった作品を集める場所として無くてはならない場になりました。

作品のまとめ場所という役割から毎日の更新はしませんが、各種連絡ツールは問題なく機能しております。Twitterをなさっていなくともこちらのメールフォームからご一報頂ければ出来る限り早く反応致しますし、当方の創作活動の間口となっているのには5年前から変わりありません。年月が移ろっていく中で一時の別れとなりましても、またご縁がありましたらいつでもお声をかけてください。

 

■余談

今年は巣鳥館開設より5周年の節目でございました。今年が終わる前に何ぞ!何ぞやりたいぞ!と思いながら、今年も残す所2ヶ月を切っているという事実に戦慄しています。どうしたことだこれは…。

企画作品追加

■MAINに『企画作品』を追加

こちらの『企画作品』には、今までTwitterやWeb上で、他の方が主催された企画へ参加した作品をあげております。それぞれ明瞭、かつ素敵なテーマをもって催された企画ばかりで、毎回楽しく参加させて頂いておりました。

(本日更新したHalloween projectは10月31日まで、Twitterで企画参加、作品の投稿ができるそうなので…!文章作品だけではなく、オリジナルであるならばイラストや映像など幅広く作品を募っておられますから、ご興味ある方はぜひとも)

 

■余談

9月も終わりかけて、ようやく秋めいて参りましたね。時々思い出したように気温が上がりますが、総じて秋らしい涼やかな空気の日が多くなったように感じます。

いつも通る道に金木犀の香りが立ち込める季節になりました。キユウ執事の髪の色と金木犀のはっきりしたオレンジ色ってちょっと似ている気がするのです。

ヒトコト返信&WORLD更新

■ヒトコト返信

16日に『作品を読んだよ』を頂戴しておりました。お返事が遅れてしまい、申し訳ないです…!拙作をご覧くださり、どうも有難うございます(*'ω'*)

一言を頂いたタイミングがちょうど、前回更新した『モニカの運命』をあげた後だったので、ひょっとしてこちらをご覧くださったのかな…とどきどきしております。執事道中に掲載しているほかのお話より長目のものになっているので、もしこちらをご覧くださったのなら、どうも有難うございます…!他のお話であったとしても、読んで頂けただけで嬉しいです(*´ω`)

またお気が向かれましたら遊びにいらしてくださいね、お待ちしております。この度は一言をどうも有難うございました!

 

■WORLDにキユウ執事の立ち絵を追加

外部サイトにて、トーチ様に依頼させて頂いていた立ち絵イラストの完成品を頂戴しまして、こちらのサイトとキャラスジさんにて掲載を致しました。

設定の一部、立ち絵としての依頼だったので、あれこれと当方の細かなところまでオーダーを申し上げつつ描いて頂いたキユウ執事です…もう、なんだろう…理想形…キユウ執事の理想形です…ぱーふぇくと…。自分の描いたキユウだと照れやら恐縮が混じって大っぴらに褒めそやせないのですが、これはもう、声を大にして申し上げられる…イケメン執事…!

などなど、順調に語彙を失っている館長の感想はさて置いて、本当に素敵に仕上げて頂いたので、ぜひぜひ、ご覧頂けたら嬉しいです。くせっけ金髪柔和な物腰執事キャラは本当に素晴らしい…。

 

また、こっそりと前回更新した『モニカの運命』を推敲、加筆修正致しました。ひとまずはこれで完成として、また思い付き次第手を入れたいと思います(*'▽')

執事道中更新

■執事道中、更新

以前、鏡面原稿の短編として公開していたモニカの宿命をリメイクし、新たにキユウとアデルを出演させた『モニカの運命』を公開しました。

基本的にはシサイをキユウに、デセオをアデルに置き換え、大筋や台詞や展開の大半はそのままで修正しています。

以前もお話したと思うのですが、ほぼ一年前に書いたこのお話が特に、私の中でのお気に入りなのです。今現在の登場人物達でこのお話を書き改めてみたいと思い、数日かけて手を入れてみました。

以前のモニカの宿命をご覧くださった方も、初めて読むという方も、宜しければご覧ください。薄幸の美少女というのは普遍的でありながら、心動かされるテーマですよね…!という。

執事道中更新&ヒトコト返信

執事道中更新

別所で公開していた5編を公開しました。物騒だったり拍子抜けするようなものだったりしますが、執事の道中はまだまだ続きます。宜しければご覧ください。

 

■ヒトコト頂戴しておりました

御礼が遅くなり、失礼致しました…!8月24日に『作品を読んだよ』と、本日9月5日に『また来るね』をそれぞれ頂戴しておりました。有難うございます。

執事道中について、自分の中で今回更新した分の『螺鈿の鳥籠にて』から以降、キユウ執事のキャラ設定にあれこれと迷っていた節があり(具体的に申しますと、「もう喋らせちゃおうかな…」という、筆談執事というアイデンティティをまるっと引っ繰り返してしまうような悩みだったのですが)あれこれと考え、ようやく『ココアの香りで』で振り切り、今後も筆談執事のキャラのままで継続していこうと方針が定まりました所でした。

WORLDに少し前、しれっとまた執事の変装姿に一つ追加をしておりまして、これは教師の変装として追加したものなのですが、以前キユウが仕えていた主人の姿を模倣したものである、という事を考えていて…その、教師だった主人の立ち振る舞いを完全に真似すれば喋る事ができる(=殺害衝動の抑制。キユウ執事は他者に対して無差別に抱いてしまう殺害衝動を隠すために、迂闊な失言をする心配のない筆談をあえて選んでいます)などなど、といった事を考えたのですが…やっぱりなんだろう…今まで頑なに喋らなかったキャラが、普通に喋るようになっちゃったら…とどうしても踏み切れなくてですね…。だから、私の中でまたも今回更新した『ころしあい主従』は特別で…。キユウ執事は筆談を使わないで自分の口で喋るとなると、ほとんどああいう事しか言わないキャラクターなんです。まともに会話が成り立つ訳がない。相手の発言を聞いて、紙に自分の返答を書くという『間』を挟む事でようやく、普通に話が成立する。(そういう考えで行くと唇の動きで伝えるのもちょっと危うい、本音が出かかる事もあるのですが、その辺りは極めて慎重に、狡猾なほど慎重にやっているものと思われます)

また、キユウ執事は自分の殺害衝動と実際の殺人に関して独自の考えがあり、『絶対に誰かを殺さない』という制約を己に課している。キャラクターのコンセプトが『誰も殺さない(殺せない)殺人鬼』というものなので、殺害衝動をひた隠しにしているのもその辺りの持論にも関係しているのです。

などなど、あくまで裏側で走らせている設定で、私一人が裏事情を考えつつによによしているだけの楽しいお話なのですが…!あれこれ好き勝手に考えられるのも創作の醍醐味ですよね、楽しい…。

ここ最近は悶々と考える事も多かったので、作品をご覧頂けたこと、またいらして頂けるとのお言葉がとても嬉しかったです。有難うございます…!サイトの方は引き続き、別所で公開している分がある程度蓄積したら一度に更新する流れですが、良ければまた思い出した時にでも遊びにいらしてくださいませ(*'ω')ノ

 

日本をほぼ縦断するような台風の爪痕が未だ生々しいこの頃ですが、皆さまのお住まいの地域は大事ありませんでしたでしょうか。9月は台風が多い月でもあるようですので、引き続き警戒を緩めないようにして参りたいですね。