偽首職人の春

 処刑の季節は書き入れ時だと知り合いの偽首職人は言った。断頭台へ偽の首を置き亀のように頭を隠して助かる算段。代金は前払い制だ。

「皆身代わりを見て安心しちまってね。つい頭を引っ込めるのを忘れちまうのさ」