喧嘩屋の口上

 誰かのためにという嘘っぱちはそろそろやめた方が身のためだ。どうして自分のために生きてやらない。宵越しの命など持たないと覚悟を決めてみろ。そうだとも、俺はアンタに喧嘩を売っているのさ。