映画館の鑑賞会

 当映画館ではお客様の仰る通り、個室も完備しております。

 個室と申しましても、広さは通常の劇場とほぼ同じ。あの巨大なスクリーンに映し出されるのは、お客様のためだけの映画です。

 ご利用はお一人様からお二人様連れまで。いかんせん、椅子が二脚しかございませんので。立ち見はお勧めしておりません。映画は見世物とは違うのですから、ちゃんとリラックスして、集中してご覧頂かないと。

 上映中に万一トラブルがあったとしてもご安心を。劇場後方には常に私自ら控えておりますので、機器の故障、火災やお客様の体調不良にも迅速に対応ができます。

 

 いつでも控えております。

 お邪魔にならない場所へ、黒揃えのスーツを着て、暗闇の中に。

 

 映画はいいものですねえ。

 視界一杯に広がる圧巻の映像美、聴覚を支配する音楽、台詞、物音。上映されている間、お客様はただただ、物語からの刺激を映す一枚の鏡になる。

 ヒーローが活躍すれば目を輝かせるでしょう。

 ヒロインが悲嘆に暮れれば胸を締めつけられるでしょう。

 ラブシーンが流れれば恍惚に魅入り、爽やかな別離に会心の笑みを浮かべる。

 そんなお客様の姿を見るのが私は好きで、好きで、遂にこの個室を作ってしまったのです。

 

 鑑賞のお邪魔はしません。背後に、傍らに。ほんの時々溜息が肌を撫でる近さまで踏み込んでしまうかもしれませんが、その時、お客様はすっかりお話へ夢中になっているでしょうから。きっと気になりませんよ。

 事実今まで、映画鑑賞をしている自分達が鑑賞されている側だった、という旨の苦情は一件も無いのです。

 一本の映画を独り占めしているつもりが、ご自身の姿態をつぶさに観察され独占されていた。大きな魚を釣り上げたと思ったら、そこは生温い鯨の腹の中だった。そんな話はね、お客様。ほんとうによくあるものなんですよ。

 だから、大丈夫なんですよ。それで――ご予約は、本当にお一人様で宜しいですか?