· 

二人組で質問(20) / クロとフィン

01:お二人のお名前をそれぞれ教えてください。

K「俺はクロ。ま、勿論本名じゃねぇがそう呼ばれてるから、もうそれが名前でいっか。みたいな」

F「フィン・トゥングルウィンテル、がフルネームです」

K「あだ名はフィンウィン」

F「おかしいな、一度も呼ばれた覚えがないよ」

 

02:お二人はどういった関係ですか?

K「相棒! 背中を任せ任される関係」

F「だ、そうです」

 

03:それぞれお互いを何と呼んでいますか?

F「私はクロと呼びます」

K「俺はフィンウィn」

F「ちなみに、フィンウィンと呼ばれた覚えは皆無です」

K「……今からそう呼ぶから!」

F「そんな力を込められても」

 

04:初めての出会ったのはいつ、どういった状況で知り合ったのですか?

K「地球上だったのは間違いねぇな」

F「仮に宇宙空間だったとしたら、出会う前に血液が沸騰して知り合うどころの話じゃありませんしね」

K「お前の真顔が怖い」

 

05:その時のお互いの第一印象は?

K「んー? んー……何ていうかなァ」

F「クロ。覚えていないなら覚えていないと早い内に言っておいた方がいい」

K「お、覚えてない訳ねーだろ! ただアレだ、あんまり前の事なんでちょっと思い出すのに時間が掛かってるだけだっての!」

F「それを忘れてると言うのでは……」

 

06:一日のなかで一緒にいる時間はどのくらいですか?

K「大体一緒に行動してる事が多いからな」

F「その時々、必要に応じて別行動はとりますが」

K「流石に便所まで一緒には行かねぇもんなー」

F「……私は仕事の話をしていたのですが」

 

07:お互いの長所を教えてください。

K「見ての通り、こいつはPRGで例えるなら正々堂々と真っ向から剣で戦う王子様タイプ、しかも騎士道を地でいくタイプだ。礼儀正しくて義理堅い、信頼に値する奴だよ」

F「有難う、貴方にそう褒めて貰えると嬉しい。クロは……ユニークな着眼点と、柔軟な閃きを持っています。それでいて、着地点は何時も現実的だ。見習いたい点の一つです」

 

08:では、お互いの短所を教えてください。

K「なんでもかんでも一人で背負い込みすぎんな! まあ何とかなっちまう事の方が多いけどな、人にきちんと頼るってのも必要な技術だぜ?」

F「クロは人を使うのが上手いですが、それは全て誰かを助けるためのもので……上手く言えないのですが、何時誰に背中から刺されても可笑しくない気がしてならない。帳尻を合わせるために、率先して汚れ役を引き受けようとする。その事の運び方があまりに鮮やかで……私も気づかない事がある」

K「ちょ、フィン。お前、それはちょっと考えすぎだと思……」

F「私にはそれが歯がゆい。貴方の相棒を名乗っているのに貴方にばかり辛い事を、結果的には押し付けてしまっている。もっと自分のために、人の助力を仰ぐべきだ」

K「~っ、そういう汚れ役も押し付けちまったら、ほんとにお前の許容範囲超えちまうだろって……言っても頷かねぇよなァ。認めねぇよな、そういうの。この意地っ張りめ、妙なとこでプライド高いんだからよ」

F「はい。だから私は、もっとクロに任せて貰えるように精進するのみ。本当の意味で、貴方と肩を並べられるように」

K「――ほんと、お前……マジで王子様になればいいのに」

F「?」

 

09:相手との共通点は何ですか?

K「まあ、あれだ。大方は器用なのに、変なとこで不器用ってとこじゃね?」

F「そう、不器用で譲れない事が多くて」

K「くくっ。だから今時分、勇者なんてやっちまってんだよな」

F「ふふ……ですね」

 

10:では、正反対の点は何ですか?

K「今までのやり取りから察して貰えてるだろうけど、ほとんど全ての点において。コイツが王子様なら、あれだ。俺は盗賊だから。しかも実は魔王のスパイで、中盤で派手に裏切りかました末、勇者の魂の呼びかけにより再び正義サイドに寝返るタイプ」

F「いやに具体的ですね」

 

11:相手と絶対一緒にしたくないことといえば?

K「悪いコト?」

F「悪事を私達がやっては本末転倒ですし」

 

12:あなただけが知っている、相手の隠れた一面とはズバリ?

K「知らん! 寧ろ知りたい! 教えろ!」

F「教えたら隠れた一面にならないでしょう」

 

13:ケンカした場合、先に謝る(または謝ると思われる)のはどっち?

K「うーん……こいつ、結構頑固だからなあ。根負けすると俺が謝ろうとするんだけど、その頃にはフィンも何だかんだ謝るタイミング見計らってて、コンマ数秒の差であっちが先に頭下げてきて、俺結局許す立場になるんだー、うわー、今まで悩んでた俺、バカじゃね? ってなる」

F「またもや具体的な説明を有難う。そして、なんというか……済まない」

 

14:何か相手にプレゼントをあげるとしたら何がいい?

K「肩たたき券。五枚つづり」

F「父の日のプレゼントのようですね」

 

15:ままごとするとしたら、相手は何の役だと思われる?

K「王子様じゃね?」

F「一般家庭に王位後継者はいません」

K「じゃあ――みかん箱に捨てられていた王子を放っておけず拾う俺……お袋との押し問答の末、きちんと自分で面倒見ると約束を結び、晴れて王子は家族の一員に」

F「捨て猫ですか」

K「そしてその王子の名前はポチ」

F「犬ですか。どちらにせよ王子でない事だけは間違いありませんが」

 

16:これだけは相手に負けない自信があることといえば?

K「壮大なボケをかます!」

F「なら私が突っ込み役ですね」

K「駄目だ、お前意外と天然な所あるから……突っ込みも俺がやる!」

F「忙しないのでは?」

K「大丈夫だ。俺が忙しないのは何時ものこt……あれ、なんだこれ。目から汗が出てくる」

 

17:相手がいてよかったなぁと思う時はどんな時?

K「そんなの数えきれねぇよ。長い間一人でやってたからさァ。何ていうか……いいよな、チームって」

F「心強い相棒に恵まれて、私も幸運です。本当に些細な事でもそう思える、それ自体が既に幸いな事だから」

 

18:一日だけ、相手と入れ替われるとしたら何をしたいですか?

K「縦になめらか、横にサラサラってやる。あのフワサラ金髪で」

F「(入れ替わってまでする事なんだろうか……)」

 

19:相手に、もう二度と会えなくなるとしたらどうしますか?

K「そん時は仕方ねぇもんな。出来れば笑顔で、じゃあな! って」

F「――」

K「……」

F「……寂しいですね」

K「……だな。想像してみると意外と寂しかった。俺いつから寂しがり屋属性装備してたんだっけ……」

 

20:最後に、お互いに一言メッセージをどうぞ。

K「どっかで別れちまうのは仕方ないにしても、だ! それまでは楽しくやろうぜ。これからもヨロシクな、相棒」

F「は、い。私の方こそ。宜しくお願いします――クロ」

 

(c)ひよこ屋