· 

一行小説更新

■一行小説更新

新たに【一行屋敷】というタイトルを作成しましたので、メインメニューから直接飛べる一行小説のコンテンツをこちらに差し替えています。

メインの主人公は古物屋。現実的にあり得ない幽霊屋敷に滞在しているという状況で綴られるお話です。

 

■余談

今まで自分では「これ!」とジャンルを決めてお話を書く事が稀だったのですが(小説投稿サイトなどでジャンルを区分する必要があるなら異世界ファンタジーかなという程度)数日ほど前から思い立って、ちょっとホラー・怪談・奇談を意識してお話を書いてみようかと考えました。

私自身、初代バイオハザードをPSでプレイして遊んだり、当時の攻略本を読み込んではしゃいだり、ちょっとブランクがあってバイオハザード4攻略にのめりこんだり、4の解体真書(攻略本)のテキストの秀逸さに目頭を押さえたり、レオンさんが出ている勢いでDCをプレイして、3DSのリベレーションズをわくわくしながらプレイして…。おかしいぞ、ほとんどバイオしかやっていない…。

かなりジャンルや作品は限られるんですが、ホラーは割合好きなんです、昔から。S・キングの小説が好物な所からもふむふむといった具合に。自分で書いたりする分には、心霊系よりモンスターやクリーチャーとか「生きてる人間こわい」系のが好みです。(自分でプレイした事はありませんがサイレントヒルとかも世界観が好き)

ただ、今まで自分では書こうとはしてこなかったので、ちょうど新しい一年も始まった所ですし、暫くホラー界隈をうろうろ探検してみようと考えています。

得体のしれないもの、意味の分からないもの、でも読後感が良いもの。メルヘンなファンタジー世界でホラーとかできないかな、などなど。

未だに『何か書きたくてしょうがないのに具体的に何を書こうか決まらない』周期は定期的にやってくるのですが、まったく一切なにも書けなくなったり、そもそも書く事自体が嫌になるという気配は今の所一度もありません。趣味の類は比較的長く続く方ですが、物を書く作業は実に長い付き合いになりました。

今後も思い付き次第色々と動いていこうと思いますので、宜しければまた本年もどうぞゆるりとお付き合いくださいませ(*'▽')