群衆の書斎

殿:「私は正気です」という看板を首からさげている奴が、本当に正気であったためしが無い。

 

将:彼らは縋るように、祈るように、同じ主張を繰り返した。