Shopping Arcade

「 寄ってらっしゃい、見てらっしゃい 」

  • 空想都市のメインストリート、商店街に店を構える店主らと執事の交流
  • 主に執事と鋏屋の両片思いがやり取りの中心
  • #鋏屋と執事 #四行都市 #一行屋敷 etc...

■旅の執事。仕えていた家の血筋が途絶えたのを契機に、空想都市へ新たな主人を求めてやってきた。雇われ執事として方々の人間と契約を交わしながら、現在は古物屋の手伝いをしている。

■仕事中はきっちりと折り目正しい慇懃な物腰で主人を立てる。生来的にはある一点を除いて物事へこだわりを持たない人格であり、大抵ふわふわとしているようだ。他者へ友好的な態度をとるので誤解されがちだが、限りなく人情に薄い無機的な人物でもある。自らそれをわざわざ訂正しないのは『都合のいいように捉えて頂けるなら、それに越した事はありませんから』という打算ゆえ。とある事情により他者とコミュニケーションを図る際には筆談を用いており、肉声を聞いた者はほとんど居ない。

■性別不明(振る舞いは男性寄り)/身長180cm/未遂の殺人鬼

■金髪/前髪重めの癖っ毛/二重の碧眼/眉はやや下がり気味/大抵口を閉じた笑顔/スーツ

■Tale / 鋏屋への思慕 /  執事の本性 / 内に潜む魔物

■空想都市の商店街に店を構える鋏屋の店主。老舗の五代目。鋏と名の付くものなら糸切狭から剪定鋏まで扱う。販売だけでなく刃物の研ぎなどの整備も請け負っている。無類の刃物好き。店が隣り合う櫛屋とは実の兄弟。旅の執事に片恋慕している。些か以上に重たい愛情を育ててしまっているが、本人は無自覚である。

■実弟がいる事もあり、面倒見の良い兄貴肌。困っている人が居るとどうも放っておけない。義理と人情を重んじており、相手へ入れ込むほど判断に客観性を欠くのが短所。頭に血が上ると短絡的に行動しがちだが、内省は怠らないので同じ過ちは二度しない。

■男性/身長185cm/悪縁絶ちの鋏屋

■黒髪/左右いずれかの片メカクレ/切れ長の紫瞳/爽やか笑顔/和装

■Tale / 執事への想い / 鋏屋の妄執 / 案内屋との相違

■空想都市の商店街入口に窓口を設けている案内屋。表向きは観光客向けのガイドをしているが、裏では報酬に応じて客の求める様々な『裏道』を先導している。身の丈ほどもある旗を常に携えており、有事の際には槍のように振り回す。認識できる範疇にあるなら空の星すら破壊できる破格の怪力の持ち主。他言はしていないが実は生まれついて他人が自分とは違う姿に見えており、唯一同じ人間に見える執事を『同志』と呼んで慕っている。

■冷静沈着、常に淡々と落ち着いている。表情の変化がささやかで分かりづらいが、周囲の人を平等に敬う心根の持ち主。その姿勢をして他人には『優しい』と評される事が多いようだ。公平無私、自らの私情や感情を完全に切り離して物事を観ており、正しさがあると信じれば例え親を殺した人物であろうとも、迷わず手を貸す一面もある。

■男性/身長200cm/歪曲の聖者

■黒髪/ふんわり七三~おでこ出し/真っ直ぐな青い目/真面目な表情

■Tale / 執事との関係性 / 第三者から見た案内屋 / 騎士団時代 / 子供時代

■商店街の一角に店を構える古物屋の店主。黒髪の年若い青年の姿を好んで取るが、正体は二足歩行する黒い化け猫。商店の中でも古株であり、関係者からは『おじさん』と呼ばれて慕われている。どこから仕入れてくるのか不思議な中古品を数多く扱っており、子供だましのがらくたと、本来なら政府が所有し管理すべき危険物を平気で一緒に並べている。様々な事情に精通しており、一度でも街へ訪れた人物ならそらで素性を言える。何でも食べてしまう悪食の化身とも称されており、古物屋に喰われて戻ってきた者はいない。

■自分の欲望に忠実であり、ともかくお金儲けが大好き。判断基準は、金になるか、面倒な事かどうか。『金にならない面倒ごと』は一番嫌いで、重い腰が更に重くなる。狡猾で他者を陥れる事に何の罪悪感も抱かない真性の悪人だが、身内や古くからの知り合いで自分を慕ってくる相手に対してはつい甘い顔を見せてしまうとか。

■オス/身長190cm(ヒトの姿)/悪食の詐欺師

■黒髪/でこ出し短髪/鋭い金目/吊り眉/猫要素/喫煙者

■Tale / 執事との主従関係 / 年長者の責務

■商店街にある菓子屋の店主。菓子と名のつくものなら、東西問わずに様々なものを提供している。小さなカフェスペースも併設しており、店内で買ったお菓子はもちろん、お茶や軽食も楽しむ事ができる。働いているスタッフは皆、くるみ割り人形やテディベアなどで人間ではないが、衛生管理は意外にも抜かりない。

■底抜けに明るい。ハイテンションでとんでもない爆弾を振りまく、お調子者のトラブルメーカー。今が楽しければそれでいい刹那主義と、天才的な物忘れの良さが織りなす怒涛の暴れっぷりは何から何まで収集がつかない有様。その癖、物事の本質をずばり見通しており、ある意味誰よりも冷めた思考を持っている。馬鹿ではあるが愚者ではない。

■手で触れたあらゆるものを好きなお菓子に変える事ができる特異な能力を持つ。生きた人間をお菓子にしているという噂もあるが、本人は肯定も否定もしていない。動物好きで、とりわけウサギが大好き、愛でるのも食べるのも好きだとか。

■性別不明/身長165cm/可笑しなお菓子屋

■黒髪/前髪は左右どちらかに流しているボブヘア/橙~赤色のぱっちりお目目/ふりふりお洋服/笑顔!

■Tale / 残虐無垢 / 魔女の家の記憶

■商店街にある鏡屋の店主。正体不明、詳細不要の怪人。


▼キャラ名入りの基本立ち絵画像作成/全キャラ共通

 CHARAT


Relationship

鋏屋&執事

▼両片思い

▼鋏屋が一方的に惚れ込んでいるかと思いきや、執事も鋏屋が生来持っている『平凡な日常』の気配を敬愛している。

▼執事は鋏屋に、よく愛用の刃物の研ぎを依頼している。

古物屋&執事

▼主従関係

▼古物屋は執事の在り方を胡散臭く思っているが、仕事ぶりは認めている。執事側もあくまで仕える身としての分を弁えており、互いにビジネスライクな関係。

▼共に(こいつはこのままだと駄目だろう)と思う節はあれど口に出して諫めたりするのは稀。それは自分の役目では無いと思っている。

案内屋&執事

▼常識はずれ人外コンビ

▼案内屋は明白に執事へ親愛感情を抱いているが無理強いはせず、執事は友人関係以上を望まないので意外と平和。案内屋は『同志』たる執事が幸せならそれでいい。

▼この二人は所謂『一般常識レベルの道徳観念』が実は全く通じない。自分の異常性をそれなりに把握しているので、揃ってとても人当たりが良いのだけが救いか。

菓子屋&執事

▼仲良しお友達

▼菓子屋のペースにまんまと巻き込まれる執事という図式が目立つ。純粋に他人の振る舞いで振り回される稀な例。

▼別にお互いの事を特別なんとも思っていないが、道で会えば挨拶するし、美味しいお菓子や料理があったら情報交換する仲。

■画像作成 / パフェメーカー