更新記録 · 2019/05/17
■ヒトコトメッセージ頂いておりました 11日に『おやすみなさい』と、13日に『拍手ぱちぱち』を頂きました。メッセージを送信してくださった方、どうも有難うございます!...
更新記録 · 2019/04/23
■新作『不始末記』公開 カクヨムにて先行して公開していた四行小説群をサイトでも公開しました。テーマは『不始末の片付け』諸々の不始末を起こしてしまった商店街の問題を、各店主が解決すべく対応するという筋書き。 各キャラの設定や人格、それぞれの関係性にも突っ込んだ内容にもなっています。宜しければ暇潰しのおともにどうぞ。...
未来地図  ねえ、おにいちゃんは神さまを信じてる? 手を繋いだ少女からの無垢な問いかけに、案内屋は穏やかに微笑んで首を横に振った。事実、生まれてこの方、特定の存在へ信仰心を預けた事は無い。...
子供攫い  街外れの夜道は、先が途切れている。寝静まった家々の隙間を縫って辿り着いた二つの人影のうち、背丈の低い方が足を止めた。傍らの外灯が短い間隔の点滅を最後に消える。...
増殖するひよこ 「本業へ集中できないのは、最終的に鋏屋が何でも引き受けてしまうのが原因だと思う。面倒見がいいのはお前の美徳だが、譲れないものがあるのなら断る勇気も必要だ」...
巨大化した赤ん坊  アタリしか入っていないはずのくじ引きでハズレの札を引いたら、客は店へ事情を話しに行くだろう。場合によっては代金を返してくれと申し出る。看板に偽りがあったなら、それは当然の流れだ。...
短編小説 · 2019/04/11
カクヨム掲載作品。 現代/OL/トラウマ/無数のわたしの死体/案内屋/古物屋
更新記録 · 2019/03/21
■OTHER→四行小説/空想都市アルファ更新 別所で公開していた十話ほどを追加しました。 ■ARCADE加筆 各キャラの設定に関わる作品をTale項目としてそれぞれ追加しました。
 通りの向こうを眠たそうな黒猫が歩いていく。  菓子屋の店先から焼き立てのクッキーの匂いが漂ってきた。  鋏屋の店先からは刃物を研ぐ音が聞こえて、案内屋の窓口が静かに開く。...
 怒られるのを病的に恐れる子供だったんだ。菓子屋は焼き上がったジンジャーマンのビスケットを並べながら歌っている。白い大皿にひとりずつ整列していく人型のお菓子。ふっふっふ、夢見がちなパティシエはご機嫌だった。...

さらに表示する