空想都市

「 永劫だれかの掌の上 」

  • 主に空想都市を舞台とした一連の文章作品
  • 四行小説 / 会話文 / 1000文字前後~の短編小説、群像劇など
  • 仕えていた主人を失った執事が行く、新たな雇い主を探すついでの旅
  • 子供の目に届かず、大人に忘れ去られた絵本の中。自然豊かな土地に風光明媚なる街として多方より観光客を迎える、ここはとある空想都市

執事

(立ち絵制作:トーチ様)

 ご子息は川遊びに、お嬢様は草摘みに。他所の子供達は貝拾いに行ったきり戻らない。残された人達は着物と一緒に畳まれてしまった。

 主人が隠れられてこちら、お屋敷の中はすっかり静かになった。

 英雄は星になり、王は妖精の島へ渡り、民は目覚めぬ眠りへ落ちる。

 幾つ棺の蓋を打った事か。それでも、この執事の手はまだ汚れていない。

 

◆名前:クヴァール・エーエシャイドゥング・ダーミット(Qual・Ehescheidung・Damit)

◆通称:キユウ(もしくは単に執事とも)

◆身長:180cm ◆誕生日:12月12日

◆性別:不明(振る舞いは男性寄り) ◆年齢:不詳(外見年齢20代半ば)

◆ある事情から、他者とコミュニケーションを取る際は主に筆談を用いる

空想都市の日常

 通りの向こうを眠たそうな黒猫が歩いていく。

 菓子屋の店先から焼き立てのクッキーの匂いが漂ってきた。

 鋏屋の店先からは刃物を研ぐ音が聞こえて、案内屋の窓口が静かに開く。

 初めて訪れた大都市に胸を躍らせながら周囲を見回していると、向こうから燕尾服を纏った執事がやってきた。黒髪の多いこの街では珍しい金髪だと見つめていると、目の前まで近づいた彼は小さく、ようこそ、と囁いた。――気がした。

菓子屋の詭弁

 怒られるのを病的に恐れる子供だったんだ。菓子屋は焼き上がったジンジャーマンのビスケットを並べながら歌っている。白い大皿にひとりずつ整列していく人型のお菓子。ふっふっふ、夢見がちなパティシエはご機嫌だった。

「間違えたくないあまりに、なんにもできない有様だったよ。ママ達は怖い魔女ばかりだったからね、不燃物のゴミを燃えるゴミの屑籠に入れてしまったマイクは遂に帰ってこなかったんだよ。ボクなんて運が良い方さ、コップを割ってしまったのにこうしてぴんぴんしてるもの」

 哀れなマイク、帰らぬマイク。でもそもそも、運命は結局以前からとうに決まっていたのだ。彼は最初から帰らぬ事を定められていた。かわいそうなマイク、実験体ナンバー九九七、火噴きのピエロのはずが噴き出すのは冷汗ばかりだったんだからそりゃそうか。ひょいと菓子屋はクッキーを一枚つまみ食いして、執事に笑いかけた。

 マイクはボクだったかもしれないんだからね。どこかで大切な鍵を落っことしていたら、もしくは意地悪な魔女の気まぐれで誰でもマイクになってしまうんだ。勧められたクッキーを丁重に断って、執事は大人しく紅茶だけを啜っている。

執事の悪夢

 ありふれた悪夢の中で目覚めた。そこはよくある廃墟で、曇った窓硝子の向こう側に止まぬ雨が叩きつけている。執事は体を起こし、寝転がっていたベッドから立ち上がった。足元を鼠が忙しなく駆けて行ったのがはっきり見える。光源はどこだ。光へ吸い寄せられた視線は、ベッドサイドに燭台をみつけた。真っ赤な蝋燭が一本だけ立てられた小さな灯りを手に取ると、それを翳して出入り口である扉を探す。

 小さなゲストルームに相応しい瀟洒な扉は半分ほど開いていた。その向こうから啜り泣く女性の声が漏れ聞こえてくる。段々と近くなる。反射的に身を屈めてサイドテーブルへ身を潜めた。頼りない炎に手を翳し、息を殺す。やがて戸の隙間から室内に伸びてきた女性の影には、頭が無かった。

 ――まだ嗚咽は聞こえてくるが、すり足の気配と共にそれは遠ざかって行った。限界まで早まりつつあった鼓動を宥めるように、火を守っていた手で胸を押さえる。改めて姿勢を正し、部屋を出ようと歩き出した所で、また別の足音が聞こえてきた。咄嗟に身構えたが、床を踏む規律正しい靴音には聞き覚えがある。迷わずこの部屋に入ってきたのは、纏う白い制服も眩しい案内屋だった。

 そういえばどこへでも案内するのが彼の信条だったか。落ち着き払った青い瞳がこちらを捉えると、生真面目に問いかけてくる。道がわからないなら先導するが、助けは必要だろうかと。執事は少々大袈裟なリアクションで指を組み合わせると、偶然おりてきた蜘蛛の糸に縋る思いで助力を頼んだ。すると案内屋は珍しく小さな忍び笑いを漏らし頷いてくれた。それを耳に入れてようやく気づく。笑い声と泣き声は似ている――だからさっきの女性は泣いていたのではなくて、あれは多分、笑い声だったのだなと。